食の安全先進国“フランス”が禁止しているものを、モグモグ食べる日本

フランス食文化

2020年1月、フランスでは学校給食や病院食など集団食の食材を、

2年以内に最低でも20%はオーガニックにするという法律が施行されました。

2010年に食文化として初めて、ユネスコ無形文化遺産に登録された、美食の国フランスにとって

『安全に作られたものは美味しい』という意識は国民にとって当たり前のこと。

では、日本とフランスの食の安全意識はどのように違うのでしょうか?

フランスの食の安全意識

EU各国には、1990年後半から “予防原則” の考え方が中心となっており、

世界でも進んだ食品安全への取り組み国とされています。

例えば、ある食品に健康を害する疑いがあるとします。

アメリカや日本では、科学的に害悪の因果関係が証明されるまでは

“疑わしきは罰せず”で、その食材は流通を続けます。

しかし、因果関係が証明された時点では、すでに遅し。。。

被害が出てしまっている可能性があるのです。。。

一方フランスでは、食品の国際規格として“CODEX(コーデックス)”と言う機関があります。

この機関によって、食品を扱う上で、「安全だ」と結論付けられたものに対してでも、

少しでも不安が残るものは、使用や輸入を禁止しています。

“疑わしきは除外”なのです。

安全性がグレーゾーンのものは除外する姿勢を取っているため、

日本では使用されている食品添加物でも、

フランスでは使用禁止や規制対象となっているものが数々あるのです。

<strong>c&mm</strong>
c&mm

フランスで食の安全意識が高まったのは、『BSE(狂牛病)問題』に起因しているんですよ。

へぇ~!!

それからずっとなんてフランス国民は意識高いですね!

<strong>c&mm</strong>
c&mm

フランス人は、ひとたび関心を持った事柄は、ずーっと追究し、

関心を持ち続ける文化があるんですよー!!

『流行り』に流されないフランス人、ステキ~!!

日本は添加物大国なの??

よく『日本は添加物大国』と聞くから、

排除するのは大変そう。。。

<strong>c&mm</strong>
c&mm

実は、日本が添加物大国というのには、ちょっとしたからくりがあるんです。

からくり??

日本で使われている食品添加物は海外よりも多い、と耳にしたことはありますよね。

実はこれにはちょっとしたからくりがあります。

どこまでが「食品添加物」としているかは、その国ごとで基準が違います。

例えば日本では、いちごや抹茶のような通常飲食している食品を、

色付けや甘味つけとして使った場合も、“食品添加物”ととらえられます。

そのため、添加物の量が圧倒的に多い。という見え方になっているのです。

そうなんだ!そもそも基準が違うのに、比べられないじゃん!

添加物の量の多さに目を奪われるのではなく、どういった考えのもと使われているのかを知り、

普段の食事選びや買い物に生かしていくことが必要なのです。

フランスで禁止されているものを食べる日本

具体的に、日本とフランスとの添加物はどんな違いがあるのでしょうか?

少し見てみましょう。

※NEWS ポストセブンより引用し作成

比較するとわかりやすい!!

<strong>c&mm</strong>
c&mm

否定的になりすぎる必要はないけど、知識としてもっておきたいですよね!

全排除よりバランスよく

フランスと比べ安全性への考え方が、やや消極的な日本だからこそ、

個人の選択がより重要になってきます。

ですが、全てを排除し避けるという意味ではなく、バランスよく…ということが大切なんです。

例えば、忙しい平日のランチ。毎日コンビニランチを食べているなら、

週1回は自宅からおにぎりを持参してみてはいかがでしょうか?

カット野菜も便利ですが、何度も漂白剤を使用し殺菌が繰り返されています。

でも、キャベツ半玉でも食べきれないんだよね。。。

一人暮らしや少人数世帯にとっては、食べ切れるかが心配で買うのに躊躇することありますよね。

そんな時は、キャベツを手でちぎって塩、ビネガーでキャベツのビネガー漬けが完成します。

和風がいいなら、塩昆布とごま油を揉みこんでやみつきキャベツに。

保存もききますし、からだにも安心♪

何かを禁止したり我慢したりせず、楽しみながらバランスをとる選択肢は

たくさんあることも忘れないでほしいと思います。

まとめ

何故フランスは「美食の国」と言われるのか。

それは美味しい高級な食材を使った料理があるからというわけでは無く、

食の安全性に対する意識が高いからなんじゃないかと思います。

「ちゃんとした食材で安全に作られた食事は美味しい」

このような当然の感覚がフランス国民に定着しているということが、

フランスが「美食の国」と言われるのでは。。。と感じます。

タイトルとURLをコピーしました