えっ!?知らないの?からだのサビ取りには「ビネガー」

フランス食文化

ビネガーがからだにいいことは、誰もが知っていますよね?

では、どんな風にからだにいいのでしょうか??

からだにはいいって知ってるけど、ちょっと酸っぱくて飲みづらいんだよね。。。というあなた。

知らないと損をしますよー!!

ワインビネガーとは??

ワインビネガーはぶどうが原材料になっているので、果実酢の一種です。

穀物酢が和風な風味であることに対して、

ワインビネガーはフルーティーな酸味とほのかな甘み、濃厚なコクが特徴です。

また、ワインビネガーは主に「赤」と「白」があります。

<赤ワインビネガー>

赤ワインビネガーは、黒ブドウや赤ブドウを原料として果皮・種、果肉などブドウを

丸ごとアルコール発酵して作られています。

美しい明るい透明な紫色をしたお酢です。

味わいはコクが深く、芳醇な香りとまろやかさが特徴です。

お肉料理のソースやブラウン系のシチュー、カレーの隠し味として

上品な香りと味を加えてくれる優れものです。

<白ワインビネガー>

ブドウの果汁のみだけを熟成させる白ワインから作られるお酢で、

苦味や渋みも少なく、上品な香り・フルーティーですっきりとした後味のお酢です。

魚料理のソースやブイヤベースなどの魚介類のスープの隠し味、

ドレッシングやマリネなどにも使われています。

<strong>c&mm</strong>
c&mm

近年は、ロゼワインビネガーやシャンパンビネガーなんかもあるみたいですよ!

でも、日本でよく使う穀物酢となにが違うのかしら?

ワインビネガーに期待できる効能

ワインビネガーは原材料がぶどうのため、

穀物酢などにはない味わいがあり、特別な効能も持っています。

一般的にお酢には、以下の効能が期待されていますが、

  • 内臓脂肪の減少を助ける効果
  • 高めの血圧を下げる効果
  • 食後の血糖値上昇を緩やかにする効果
  • 疲労回復を助けてくれる効果 

ワインビネガーに含まれる成分の中でも特別なのが、「酒石酸」です。

この、酒石酸は整腸作用のある成分のため、便秘解消など腸内環境を改善する働きがあります。

<strong>c&mm</strong>
c&mm

最近注目されている “腸活” に効果的なんですよ!

また、ワインビネガーには、ぶどうの皮の成分がビネガーに含まれているので、

様々なお酢の中でも、特に抗酸化力が高いお酢となります。

<strong>c&mm</strong>
c&mm

体のサビとりには最適ですね!

あのー。。。

そもそも体のサビってなんですか?

<strong>c&mm</strong>
c&mm

からだの細胞は活性酸素という悪玉酵素によって常に酸化していきます。

人のからだが酸化されると、鉄が酸化された時と同じように「サビ」ができるんです。

常に酸化!?

サビていくとどうなるの?

<strong>c&mm</strong>
c&mm

鉄がサビるともろく崩れやすくなるように、人のからだもサビることにより、

老化の進行、生活習慣病や動脈硬化、がんになる恐れが高くなると言われています。

ひゃー!!

老化はいやーーー

米酢などにくらべて糖質が少ないうえ、カロリーも低いことが多く、

「ヘルシーなお酢」と知られているんです。

まとめ

ワインビネガーは他のお酢よりも、

・腸内環境を整え、悪玉菌を減らしてくれる効果

・からだのサビを取ってくれる効果

・疲労回復効果

・糖質も少なくカロリーオフでヘルシー

“からだにいいことばかりの調味料”ということがおわかりいただけましたか?

ワインビネガーはフランスの一般家庭ではよく使われている食材です。

日本人が炒め物にお酢を振りかける感覚で使用されていることもあります。

ワインビネガーの使い方がよくわからない、という方も、是非気軽に試してみることをお勧めします!

次回からは、その使い方などをご紹介していきますね!

お楽しみに~!

タイトルとURLをコピーしました